家族で行く安心の国内旅行

レンタカーの賢い選択

最近はカーシェアリングも増えてきた

レンタカーは国内外問わず旅行に行った際は行動範囲が広がるので、利用する事が多いです。レンタカーは利用後は満タン給油してから返すというのが一般的ですが、満タン返ししなくて良かったり、乗り捨てOKのサービスも出てきました。 レンタカーに似たようなサービスでカーシェアリングというサービスが最近増えてきました。名前の通りで車をみんなでシェアする考え方です。内容としては時間単位で車を予約する事が出来て、料金としては使用時間のみの請求になる為、それ以外の燃料代であったり、走行距離等は全く料金には関わってこないです。なので、車は乗りたいけど自分で所有したくない人や駐車場がなくて車を買う事が出来ない人に向いているサービスと言えます。

レンタカーとカーシェアリンングどっちがお得なのか

レンタカーの料金体系は車種によって異なってきます。一番安いのはもちろん軽自動車の6時間で2000円程度でその次に小型の乗用車が3000円程度、中型の乗用車、ワンボックスなどの大型車が6000円程度、そして、バンやトラックという風に高くなっていきます。また、何時間借りるかでも料金が異なってきます。基本的には24時間で4000円であれば48時間は8000円になります。 カーシェアリングだと15分200円程度のベーシッククラスと400円程度のプレミアムクラスに分かれており、そのクラスの中で色々なメーカーの車種があり、どれを選んでも時間当たりの料金は同じという設定になっています。 車の使用状況によりますが、数時間のみ借りるのであればカーシェアリングがお得で、数日借りるのであればレンタカーの方がお得になると思います。

ページの上部へ