家族で行く安心の国内旅行

ダイバーの憧れ日本

日本周辺は世界ダイバーの憧れの場所

カリブ海や南太平洋といったリゾート地に憧れる日本人は多いのですが、世界中のダイバーにとって日本近辺の海は憧れの場所です。アジア圏でもダイバーの数は増えてきてはいますが、それでもダイバーの中心は欧米地域と日本です。欧米地域から比べると圧倒的に日本の方が近いグアムやサイパンといったマリアナ方面は世界有数の透明度を誇り、タイやインドネシアのようなアジアの海は圧倒的な魚影を誇ります。 日本が四方を海に囲まれていることは有名ですが、この狭い国土でありながら、北は流氷の海から南はサンゴ礁の海までと、これほど変化の大きい国は他に類を見ません。ダイビングポイントとしてもサンゴの海の沖縄や、大都市に近いながらも豊富な魚影と魚種を誇る紀伊半島や伊豆半島もあって、日本国内のダイビングポイントも世界的に人気の的です。

定期的に潜ることこそ上達への一歩

ダイビングの講習を受けて、ダイバーになると世界中の海に潜ることができます。いわゆるビッグポイントと呼ばれる大物の出現率が高かったり、圧倒的な魚影の場所は流れが早かったりします。そのような場所に潜るにはダイビングの経験と技術が必要にです。 海外にダイビングツアーに毎月のように行ける人は稀です。ビッグポイントに自信を持って潜れるようになるには経験と技術をつけるためにブランクを少なくして数多く潜る必要があります。日本は海に囲まれた場所にあり、そのほとんどでダイビングが可能です。日本の全都道府県にはダイビングショップが存在します。そのようなダイビングショップを利用して、定期的にダイビングを続けることが上達への一歩になります。

ページの上部へ